FC2ブログ

のえみんち。

イラストエッセイを毎日更新中! 字が見づらい時は、インスタグラム「noemi2011」へどうぞ!

なにもないということもない

アート三昧のいちにち。
まず、市美にて、ファインアート展。
福岡市内の中学校の特別支援学級の美術展です。みんながんばってるなあー。わたしもがんばらんば。

それから、おとなりであっていた、読書感想画展。上手いんだけど、なんだかみんな似ているな。アニメっぽい絵も個人的に違和感。なにより、中学生がユリシーズの読書感想って、きみホントに読んだの??ワタシ以前一行目で挫折しました。

それから、鈴木淳さんの「なにもない、ということもない」展へ。美術手帳でも、現代アートの代表的作家として紹介された方。やっぱりおもしろかったなあ。

まず会場についたら、工事現場のような足場が壁に沿って組まれていてるのが目に入る。で、入ると、天井には大きな花輪(お葬式や、パチンコ屋の開店時に並ぶアレ)。また、ぶら下がった十個以上のカツラが、ぐるぐる回っている。さながらお祭りのお化け屋敷のようなチープさ(もちろんいい意味で)。所々に小さなモニターがあって、そこには日常でありながら、ちょっと日常でない映像が。足場に上がると、さらにたくさんの映像が見られる。

鈴木淳さんは、「だけなんなん」という展示で初めて知ったのだが、日常を切り取って非日常にしてしまう天才だと思う。人がただなにもないと思って過ごしてしまう日常を、とんでもなく面白いものに変えてしまう。いや、変えているのではなく、面白いということに気づき、わたしたちに「ほら、なにもない、ということもないでしょ」と、教えてくれるのだ。これぞ、アートの本質といえないこともないんじゃないかなと思わないこともない。

それから、キャナルシティにいって、フクオカプラスギャラリーへ。

で、ココアのんで、買い物して帰る。

ふあー。充実休日でした!

典 のココア
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する