FC2ブログ

のえみんち。

イラストエッセイを毎日更新中! 字が見づらい時は、インスタグラム「noemi2011」へどうぞ!

こどもホスピスフォーラム

最近、俄然興味がでた「子どもホスピス」
私が仕事で目指しているものと、非常に近い。

第二回 福岡子どもホスピスフォーラム @九州大学 百年講堂(もう迷わず行けた(笑))

どうも学生さん主催のようで、若者の熱気が感じられる。
三部に分かれていて、一部は海外の子どもホスピスの紹介。
 これが本当にすごかった。
 病気の子どものための、もう一つの「夢の国」(もう一つは、例のネズミーランドのことだけど)
 ここですごす子どもたちの生活で「家族」と「アートと音楽」に大きい比重が掛けられているのが印象的だった。

二部はひと×ひとということで、学生さんと障がいのある子どもたちの交流の様子(ホスピスとの関連は、ホスピタリティというくくりかな?)
 とても力が入っていて、すばらしい努力がなされているのはわかる。
 しかし、甘い。
 本当の「愛情」と、すさまじい「覚悟」が必要な現場に、甘い涙は存在しえない。違和感を感じた。
 その点、同世代として、自然に酒を酌み交わし、カラオケ歌い、ふつーなバカっ話をしているグループは良かった。どちらにしても「若さ」のよしあしを感じた。

三部は「ぶっちゃけトーク」
 この世界にありがちな「言葉」へのこだわりが長かった。ホスピスという言葉を使うか否か。
 「障害」か「障がい」か「障碍」か、ということもそうだが、その論議に答えも終わりもない。
 だから、終わらない論議はおいといて、もっと建設的な話し合いもできると思った。

ともかく、いろいろ勉強になりました。
子どもホスピスが実現したらいいのにな。
というか、絶対に必要だよなと思う。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する