FC2ブログ

のえみんち。

イラストエッセイを毎日更新中! 字が見づらい時は、インスタグラム「noemi2011」へどうぞ!

VOICESCOMING gest ポポヤンズ

VOICESCOMING gest ポポヤンズ

popo2.jpg


9月3日は、すてきカフェ、「cafe sones」のサイトでみつけた、イベントへ。

「自分の好きなこと」について、いろんな人が話したり、聞いたりするイベントということで、さらに「ポポヤンズ」という方のライブがあるということで、なんとなくぴーんときて、ふらり行ってきました。

会場は、ソネスのおとなりのカフェ。

この、VOICESCOMING というイベントは、もう何回もあっているそうで、10数人のお客さんは、ほぼお知り合いばかりらしい雰囲気。ひとりでごめんねごめんねー。

まずは、お店の主催者の方が、席にすわり、「すきなこと」を語られた。

 熊本の路面電車の「忘れ物」をひとつひとつ語る。かさ、さいふ、帽子、かさ、肉、のり、本…。
 人々の生活や人柄まで見えるようで、とても面白かった。また、自作の詩の朗読や、音楽に
 合わせての、アメリカの詩人と、自作の詩を交互に語るなど、実験的な表現も。とくに最後の
 (人の詩と自分の詩を交互に)は「すごいことするな~」と、びっくり。

その後、お二人の方が、読んだ本のことなど話し、ライブへ。

ポポヤンズさんは、初めて知りましたが、サイトのリンクで音は事前に確認し、いいな~と思ってました。
popo.jpg


白い、ふりふりの衣装(大草原の少女、みたいなかんじの)、黒くて長い髪、ビジュアル的にも、おんがく的にも、「少女」な感じでありました。キュート。かわいい。アイドル時代のアグネス・チャンを勝手に彷彿としました。

その透明感といい、やわらかい中にもしっかりした土壌がある感じといい、とってもいいかんじでした。

しかし、いかんせん「命のセトギワ」感のあるアートに惹かれる私としては(絵でいえば村山槐多とか)、アウェーでございました。ジンセイが、そんな陽だまりだったらいいねえ…と。でも、かなり好きな人は多いと思う。かなりいいと思う。

終盤にミュージシャンの、とんちピクルスさんが来られてびっくり。またライブを聞いてみたいです。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する