FC2ブログ

のえみんち。

イラストエッセイを毎日更新中! 字が見づらい時は、インスタグラム「noemi2011」へどうぞ!

映画 「ココ・シャネル」で涙、涙



ココ・シャネルを見に行きました。

私が普段行く映画館はいつもすかすか(前回行った時は、私ともう一人だけ…)なのに、ここでは満席+補助席という、大盛況でありました。

誰もが知ってる、「ココ・シャネル」の,壮絶な人生。
孤児から身を起こし、さまざまな出会いと別れを繰り返しながら、自分の才能を信じ、誇り高く生き、ファッション界でゆるぎない地位を得たココ・シャネル。おもしろうございました。

しかし!

なんだかやっぱり「きれいごと」ですませている感が否めない。

待ってたら、ちょうどいいところでイケメンリッチな男性が寄ってきて、危機を救ってくれるというのはいかがなものでしょう。二人いたのだが、どちらとも「本当に愛されていた」(でも結婚には至らず)ことを強調されていた。む~ん、「シャネル」の看板のでっかさを感じるのはイジワルでしょうか。

ほんとはもっと野心的でアグレッシブな人だったはずだし、芸術家肌だったはず!

そういう、「生身の人間」の凄みというのがもっと見たかったなあ~。

でも、きらびやかなファッション、嵐の夜のタンゴの緊迫感、と見どころは満載でありました。

そして、私は、もう中盤から、涙がとまらない!
だって、最前列だったので、近すぎて目がいたいから~!
なんてことない場面で涙をぬぐう私に気づいたヒトは「なんて感受性豊かなんだ!」と思ったことでしょう(笑)。

そんなかんじの映画でした。★★★☆☆
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ヨーロピアンな香りのする絵ですねぇ~やっぱいろいろ広告なども見てるんですね。カフェにありがちなポスター♪って感じです。

>待ってたら、ちょうどいいところでイケメンリッチな男性が寄ってきて、危機を救ってくれるというのはいかがなものでしょう。

・・・っ! んなうまい話って・・ないよね。
もう何だか疑ってかかるr(^^)ももう年なんだろうなぁ。
君の涙に乾杯v-272(笑)

ひとさん | URL | 2009-08-17(Mon)14:23 [編集]


あれ?オドレイ・トトゥかと思ってました!
これ見てみたかったんですよねー。

そんなに感激されたのか!
と思いきや、やはりわらかしてくれましたか!(爆

たしかに、前列に近いと目が痛いですよね(笑
冷やしタオルと蒸しタオルで血行よくしてあげてくださいましー!

93hossy | URL | 2009-08-18(Tue)02:57 [編集]


ひとさん

あはは、ありがちすか。
特になにかを意識して描いているわけではないんだけどね。でも、シャーリー・マクレーンだけでも見る価値ありだよ。

ホッシーさん

ね!オドレイ・トトゥに似てますよね!!
いや~、号泣でした(笑)

のえみ | URL | 2009-08-18(Tue)08:20 [編集]