FC2ブログ

のえみんち。

イラストエッセイを毎日更新中! 字が見づらい時は、インスタグラム「noemi2011」へどうぞ!

007 慰めの報酬

solace007.jpg
007といえば、“My name is Bond. James Bond”と、ボンドがかっこよく名乗り、世界をまたにかけて敵をばったばったとやっつけ、お洒落なセリフとトンデモメカと、お色気シーンでスカッと楽しめる男の娯楽映画!…というイメージだったのだが…

本作は、暗い!とことんシリアスである。
007映画初の続編ということで、前作「カジノロワイヤル」を見ていないと、ボンドの張り裂けんばかりの怒りと哀しみは、つかみにくいかもしれない(劇中で説明はあるので大丈夫だけど、前作を見た方が断然いい。)

「暗い」こと以外でも、これまでの007映画と違ったところがたくさんある。
トンデモメカがみあたらない!だから残念かといえばそうではなく、アストンマーチンとアルファロメオの目を見張るカーチェイスシーンなど、かえってすごい。
 ボンドガールが脱がない!だからガッカリか(笑)といえばそうではなく、これまではなかったボンドガール(オルガ・キュリレンコ)との「共鳴」とさえ言える心の結びつきがあり、それが作品に深みを与えていて、かえって良い(男性はどうかわからないが)。

 それにしても、本作の「ダニエル・クレイグ」ボンドの荒れ具合はどうだろう。まるで手負いの虎のように、吠え、暴れるボンド。明るいモテ男のボンドと同一人物とは思えない。でも、それがいい!青い瞳に哀しみをたたえ、獣のように戦うボンドは、たまらんダンディズムでありました。男性だけでなく、女性も楽しめますよ、絶対。

 また、悪役もいい!「潜水服は蝶の夢を見る」のマチュー・アマルリック。表向きは環境保護なんかやってる「いいひと」だが、実はある壮大な目論見を持つ「わるいひと」。生瀬 勝久ばりのギョロ目と、色白の肌の不健康さ、自然と醸し出される気味悪さは、悪い人オーラ全開。やはり、こういうアクション映画は、悪役の存在感は不可欠であり、この映画はそういう意味でも成功していると思う。

というわけで、ド派手なアクションシーンや、世界中で敢行されたロケのスケールの大きさは変わらないが、様々な「違う」ところがあり、これが純粋に007映画か、となるとよくわからない。しかし、たいへんな意欲作であり、大人でもどっしりと見ごたえのある、上質な映画であることは間違いない。

アレ?こういう感覚、前にもあったな。そうだ。バットマンの「ダークナイト」だ。
往年の皆が知ってるキャラクター映画に、才気あふれる監督が、新しい解釈と深みを加味した意欲作。映画自体は心から楽しんだが、ハリウッドの「ネタ切れ感」を感じ、すこし悲しい。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

最近の007は、昔のショーン・コネリーの頃のようなユーモラスな描写はなく、ド派手なアクション&シリアスな心理劇のような話なんですね~。
上質な映画のようで一度見てみたくなりました。合わせて往年のショーン・コネリーのボンドも懐かしいです。

みかん | URL | 2009-02-01(Sun)21:57 [編集]


私もショーン・コネリーのボンド大好きです!
私のボンドのイメージは彼で固まっているので、他のをなかなかうけつけなくて困ってます(笑)

のえみ | URL | 2009-02-02(Mon)23:22 [編集]