FC2ブログ

のえみんち。

イラストエッセイを毎日更新中!

謝罪の王様

見てきました。映画「謝罪の王様」。
なんと、昨日公開なんですね。

「謝罪師」という設定もおもしろいし、やはり阿部サダヲの動きのキレが最高でした。

6つあるストーリーも少しずつからんでて面白い。

しかし、ワルノリというか、ウチワ受けというか、
コワザは面白いけど、スケールがちっちゃいな~という印象。
しかも、最後だいじな「土下座を超える謝罪」は、あれで笑える大人はどれだけいるんだろうか。
わたしは正直、ぽかーんでした。

あと興味深かったのはエンドロール。

・協賛が多い。しかもネームバリューがすごいものばかり。
・マンタン国の国民、ぜったい外国人と思ってたら、全員日本人だったことにおどろいた。
・突然歌って踊るE-GIRLSって何者?

宮藤官九郎など、いま活躍している人におカネが集まっている…
そういう印象。

とくにあのながーいエンドロールはなんだろう。
映画とは全く関係ない、売りだし中のアイドルグループのPVを見せられた感じ。
オトナの事情だなあ。

そんな、「別の意味でのオトナの映画」ともいうべき「謝罪の王様」

おなじコメディ・喜劇のくくりでも、チャップリンやニール・サイモン、山田洋二レベルのものをカンタンに求めてはいけないのだなと、さびしい思いで映画館を出ました。


スポンサーサイト



PageTop