うっかり日記super ケイタイはこわいよの巻

うっかり。



スポンサーサイト

「臨床するアート」福岡セッション

まじめに勉強。

「臨床するアート」福岡セッション
http://maruworks.org/topics/log/eid47.html

に、行ってきました。今、私のなかで一番興味のあるのが「アートと絆」というテーマでして、これ、ぴったりきたのです。



概要
多くの人々が孤独を感じ、生きにくさをあじわいながら生きている現代。私たちのいのちが分断され、つながりが本来もっている豊かさを失ってしまっています。このような関わり合いが求められる時代において、アートはもう一度私たちの生の豊かさを恢復してくれる力をもっているのではないでしょうか。現代社会がもつさまざまな課題と向き合い、臨床の現場へとおもむくアートの実践を通して、もう一度いのちの根につながるアートの可能性を考えたいと思います。そして、おたがいにおたがいの生を愛しみ、よりよく生きようとすることを支えるアートのありかたについて考えます。


しかし!
私のもちまえのうっかりのせいで、しょっぱなからエライことに。

まず、場所が「九大」であるということで安心し、キャンパスにいったら分かろうもん、ということで特に下調べせずに会場へ。(ここが失敗の原因)

20110305 1
どこにいっても、会場である「総合研究棟」というところがない!道行く人にきいても知らない!そんなばかな!

201103052
で、守衛さんに聞いてみると、なんと、けっこう距離のあるまったく別のところでした。(守衛さんの笑顔にいやされつつ・・・)

20110305 (2)
で、言われたところの正門から入ると、これまたわからない!で、守衛さんに(すいません)聞いてみると、別の入り口からじゃないと入れないということがわかり、また引き返し、ぐるっとまわって「東門」へ。

やっと会場にたどりついたときにはもう30分以上たっていた・・・。
広いよ、広すぎるよ、帝国大学・・・

そおっと入ったつもりだったのに、持ってきたイスを壁にぶつけて大きな音で講演のジャマをする。
20110305 (4)



お話は、アートで病院のマネジメントをする大阪の病院の話や(大阪の人は、ふつーの人でも面白いんだなあ)
地域に開かれた、病院と地域をアートでつなぐ試み(ハンセン病関係もあり)の話、また
子供ホスピスについて(これ、最近興味でてきたことで、なんとグッドタイミング)などなど、

本当に内容の濃い講演でした。

行って(たどりつけて)よかった!


最後の、目黒実さんと播磨靖夫さん、工房まるの樋口さんの対談も、内容が日本の歴史や経済、教育、と多岐にわたっていて、目がくらむようでした。

やっぱり勉強せないかんなあ。そして、場所の下調べはしとかないかんなあと思った一日でした。おわり。

悲劇

今日というか、最近。ここ一週間のハナシですが…

電化製品がこわれます。

デジカメが壊れたのは前書きましたが、

デジカメ!

スキャナ!

ケイタイ!


が、たてつづけに壊れました。

これはなにかの呪いですか?

ケイタイなんかは、時間差でバイブが止まらなくなり(なにか押したら止まる)、二日後くらいに相手の声が聞こえなくなりました。

昔読んだマンガに(山岸涼子のコワイの)、電化製品が不自然に壊れるのはの仕業、と書いてありました。





たすけて~


今日の悲劇(天災編)


今日の悲劇

悲劇は続く…
しかし、今日はワタシの失敗ではない。

あるビルの六階で食事をした。

エディで払って帰宅の途に。

ところが!一階についたところで、さっきのお店のおねいさんが血相を変えてワタシを追いかけてきた。

エスカレーターで降りているワタシを、階上から「お客様!」と情熱的に呼ぶおねいさん。

…シチュエーションが、あたかも往年のトレンディドラマのようにドラマチック。

「はい?」
「すいません!エディの支払いがきちんとできていなかったので、もういちど戻っていただいていいですか?(ぜえぜえ)」
「えっ?シャリーンっていいましたけど?レシートも…」
「すいません、すいません(ぜえぜえ)」

あまりの「すいません」具合に、気の毒になって、一階から六階までもういちど上がる私たち。

(階段だったらブチ切れるかもしれん距離)

そして店についたら、年配の女性店員が満面の笑みで

「もうしわけありません、ちゃんとできていました」



…ショックをうけるワタシ。と、おねいさん。

その表情は気の毒そのもの。

これはいじめか?新人いじめか?客(ワタシ)をまきこんだ…。

まじっすか。いえいえいいんです。いいんですヨ…といいながら目の前にある「クーポン券」につい目がいく私。
(くれるよね。えっくれないのか。)くれんかった。くれんかったし、クーポンをチラ見している自分がはずかしい。

…というわけで、めでたく今日も悲劇に見舞われましたとさ。

明日は平穏な日でありますように…。


プロフィール

のえみ

Author:のえみ
福岡在住のアート好きです。

地元の地下アート(音楽・美術・文学)を日々、探索中。

自分でも演奏したり描いたり書いたりします。

いままで、かじったアートたち。

≪美術≫
油絵などを、不定期でグループ展や個展で発表

九州造形教育学会会員


≪音楽≫
テナーサックス・バイオリン(少々)

≪文学≫

福岡文化連盟会員
福岡県詩人会会員

童話や脚本・詩などを書いたり書かなかったり。

書籍「生きる わたしたちの思い」に掲載(詩)。
メディア紹介記事→ほぼ日刊イトイ新聞(http://www.1101.com/editor/2008-09-02.html)

目次ページ作りました。(まだ途中ですが)
http://mutsunoemi.blog44.fc2.com/blog-entry-416.html

のえみへのメールはこちら
rosebud.mm@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
のえみんち。
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード